スポンサーサイト

  • 2018.01.03 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Maroon 5 [ Red Pill Blues ]

評価:
---
---
---
()

JUGEMテーマ:音楽

 

いつの間にか7人になってますね。。。

 

Kendrick Lamar とか Asap Rocky とか SZA がなんの違和感もなく入っていて、
しかもポップな匂いがみなぎるアルバム、、、というのが、
R&BやHip Hopファンからすると感慨深い。

 

(ボーナストラックを抜かすと)最終曲「Closure」の後半からはインスト。
なんかこういうの良いね。この出来の良さが、
Maroon 5 がバンドであることを雄弁に物語ってる。

 


PJ Morton [ Gumbo ]

評価:
---
---
---
()

JUGEMテーマ:音楽

 


少量流通だったCD盤が日本盤でリリース。
これは嬉しい。

 

30分弱の小品だけど、いつもの PJ Morton。


最後は名曲「How Deep Is Your Love」を彼流にカバー。
奇をてらわない実直な形で、好印象。

 

 

 


Calvin Richardson [ All Or Nothing ]

評価:
---
---
---
()

JUGEMテーマ:音楽

 

相変わらずのいぶし銀。
しかも本作はあの Willie Clayton とがっぷり四つに組んで。
まあ当たり前といえば当たり前なのかもしれませんが、
やっぱり相性はいいですよね。
悪かろうはずがない。。。

 


Kevin Ross [ The Awakening ]

評価:
Kevin Ross
Motown
¥ 1,653
(2017-03-24)

JUGEMテーマ:音楽

 

なんか何の話題にもなってない気がするんですが、
かなり良いデビュー作です。

 

Troy Taylor と Ezekiel Lewis 庇護のもと、
下積みも長いのでいろいろ修業したんでしょう。


満を持して、、、な感じが、曲の良さからもアルバムの統一感からも
よ〜く分かる。秀作。好きだな。

 

 


Eamon [ Golden Rail Motel ]

評価:
Eamon
Huey Ave Music
¥ 1,003
(2017-09-15)

JUGEMテーマ:音楽

 

懐かしい、、、と思う人がどれだけいるのか知らないけど、
そんな人の新作です。
2006年の「Love And Pain」以来だから、アルバムは10年ぶりか。
待ち焦がれていた人はいないでしょうが、なかなか面白いアルバムです。

 

コクのあるファンクと清純派な曲が混じってます。
この同居が面白いところか。彼らしい。

 


Brian McKnight [ Genesis ]

評価:
Brian Mcknight
Independent Label Se
¥ 1,006
(2017-08-25)

JUGEMテーマ:音楽

 

前作が1stアルバムのような感じだったとしたら、
今作は3rd辺りを思わせるか。

いい曲、けっこうあります。
Tim Kelly の援護がかなり効いているかと。

ラスト手前の「Blow Your mind」が曲の途中でフェードアウトしていく演出?だけは
ぜんぜん意味が分からないですが。。。

 


Matt Cusson [ Only Human ]

評価:
Array
Matt Cusson
¥ 1,500
(2017-05-05)

JUGEMテーマ:音楽

 

優しいピアノを弾く人の2nd。

 

R&Bから、もう少し広い音楽を模索した感じになってます。
ジャズっぽい静けさもあれば、カントリーのような調べもある。
もちろん今までの彼の
優しさに満ち溢れた曲もある。というか、どんな曲でも
あの優しさに満ちている。

 

やっぱりこの人好きだな。

「Only Human」が一番好き。

 


Brother Ali [ All The Beaty In This Whole Life ]

評価:
---
---
---
()

JUGEMテーマ:音楽

 

コンシャスラッパー。
何と言っても「Own Light (What Hearts Are For) 」だな。

この曲聴いてると、力が湧いてくる。
他のも良いけど、これが別格。大好き。

 

 

 

 


Bootsy Collins [ World Wide Funk ]

評価:
BOOTSY COLLINS
MASCOT RECORDS
¥ 1,262
(2017-10-27)

JUGEMテーマ:音楽

 

国内の Hip Hop っていう弟子たちを集めて
なんでワールドワイドなのかはさておき、良いアルバムですね。

 

1曲目の「World Wide Funk」はアルバムタイトルに持ってくるだけのことはあるし、
Victor Wooten とか Stanley Clarke なんかを呼んで大人なファンクで攻める
「Bass-Ricced-System」なんかも良い。

 

明るい「Candy Coated Lover」も心地よい。

 

Dru Down、MC Eiht、Doug E.Fresh、Chuck D.なんかも参加し、
歌ものでは Mr.Talkbox とか Musiq Soulchild、October London なんかも参加。

 


Chante Moore [ The Rise Of The Phoenix ]

評価:
Chante Moore
Cm7 Records
¥ 1,318
(2017-10-20)

JUGEMテーマ:音楽

 

自身で取り仕切った新作。


今までの中で一番好きかな。適度にノリも良くて、緩急もあって。

「Saving Grace」なんて、グッとくるし、
畳みかけるように続く「Breathe」も泣けてくる。
そしてそこから立ち上がる「I Know」なんて展開は、素敵。

 

音の科学者Kwameがウザいってのが、唯一の難点か。

こんなところで自己主張するな。

 

 

 


profile
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
The Song Lives On
The Song Lives On (JUGEMレビュー »)
Joe Sample & Lalah Hathaway
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
search this site.
others
sponsored links