Toni Braxton [ Sex & Cigarettes ]

評価:
Toni Braxton
Def Jam
¥ 937
(2018-03-23)

JUGEMテーマ:音楽

 

Babyface との共演作がすこぶる良かったですが、
今作もいいです。
8曲30分と短いですが、まあいいでしょう。

 


The Temptations [ All The Time ]

評価:
Temptations
Ume
¥ 1,189
(2018-05-04)

JUGEMテーマ:音楽

 

新しく Willie Green と Tower Of Power のリードボーカルを
していた Larry Braggs が入っています。

 

リズム感も良く、
しかもステージでの華となっていた
Larry Braggs が The Temptations に行くのは
ちょっともったいないというか、何と言うか。。。

 

ですが、これが彼の良い経歴となってくれることを祈りましょう。

 


このアルバムは、カバー曲集。


Sam Smith とか Bruno Mars とか、
懐メロ的でなくて、
比較的新しい曲が印象に残る感じ。

 

だけどダントツはオリジナルの「Waitin' On You」。

 

これしかない。

 


112 [ Q Mike Slim Daron ]

評価:
112
Ent. One Music
¥ 1,352
(2017-10-27)

JUGEMテーマ:音楽

 

ゴタゴタして分裂状態にあったと思ったら
ビジネスライクで再結集、そして矢継ぎ早にアルバム。

 

そんなの

良いアルバムになるはずないじゃんと思ってましたが、
これがすこぶる良い。
112 のアルバムの中で一番好き。

 

甘く、切なく、大人の余裕。
全曲良曲。良いですね。

 

「Both Of Us」では何と Jagged Edge と合体。
Brian Casey 節に乗る 112 もまたオツなもの。
まあ Jagged Edge の方が私は好きなので、これを聴くと
Jagged Edge の曲を聴きたくなりますけど。。。

上手くどちらも主役になるように考えて作られてますね。

 

 

 

そして、ファンとビジネスのために再結集していた
112は、もうすでに分裂。

これでほんとのラスト・アルバムなんでしょうね。きっと。

 

 


Shai [ Musically Yours ]

評価:
Shai
Goldenlane
¥ 1,386
(2018-07-20)

JUGEMテーマ:音楽

 

たしか「Love Cycle」以来なので
もうアルバムは10年ぶりぐらいか。

 

暗く静かなコーラスは健在。
微妙な声も、健在。

アルバム「Blackface」の傑作具合からすれば、

まさに雲泥の差。

この差を考えると、

人手と金をかけて作る音楽が

悪ではないことを思い知らされる。

 

最後には代表曲を歌う。

さすがにこちらはこなれてて、良い。

 

 

 


Take 6 [ Iconic ]

評価:
Take 6
Independent Label Se
¥ 1,128
(2018-04-27)

JUGEMテーマ:音楽

 

アカペラで降りなすカバー曲集。
まあ、十分に及第点。

 

「Could It Be I'm Falling In Love」がダントツに好き。
やっぱりグループの名曲を、
名グループがカバーしたからでしょうか、
良さが引き立ちます。

 

 

 


911 [ The Pressure ]

評価:
911
Pヴァイン・レコード
¥ 2,592
(2018-04-04)

JUGEMテーマ:音楽

 

伝説の、、、というか、伝説に祭り上げられたグループ。

 

Teddy Riley の関与、Aaron Hall のような雄叫びヴォーカル。
少量流通のシングル。
これで希少なグループとの印象が付きましたね。


メンバーは Basic Black の
Walter "Mucho" Scott, Darrell "Dezo" Adams それに Markus Vance。

 

ここに収録された曲の数々か、
のちに Blackstreet や Guy のアルバムに
唄い直されて収録される事になる。。。
しかし原曲の骨子は全くそのままで。。。

その事実が、この 911 の凄さを物語っています。
まさに裏 Blackstreet。

 

 


Snoop Dogg Presents [ Bible Of Love ]

評価:
SNOOP DOGG
RCA
¥ 1,474
(2018-03-16)

JUGEMテーマ:音楽

 

ライオンになって、

原点回帰して、そして今度はゴスペル。

Snoop Dogg が音頭をとったゴスペルアルバムです。

 

気鋭のゴスペルアーチストから

コンテンポラリーゴスペルの雄、

そして大御所まで、大胆に参加し、そしてみんないい曲。

 

化け物犬の大作。

 

 

 


The CrossRhodes [ Footprint On The Moon ]

評価:
Array
BMG Rights Management (US) LLC
¥ 1,050
(2017-09-22)

JUGEMテーマ:音楽

 

いよいよ復活アルバム。
Wes Felton の存在感のある声でのラップと、
それをより聴きやすくする Raheem Devaughn のヴォーカル。
良いですね。

 

 

 

 


TQ [ Coming Home ]

JUGEMテーマ:音楽

 

別に悪い意味じゃなく、

なんとなく今作は毒気が薄れています。

 

みんな大好き DeBarge のあの曲をベタに使った
「Oldie Love」が良い感じ。

これが本作を象徴している気がする。

そんなこと無いか。

 

もう若いだけしか取り柄が無い

鉄砲玉みたいな感じじゃないぞって、そんなふう。
いい感じ。

 

まあ1stの頃が鉄砲玉だったかって言うと、

そうでも無いと思うんですが。。。

 

 

 


Zacardi Cortez [ Reloaded ]

評価:
Zacardi Cortez
World Wide Gospel
¥ 1,471
(2014-04-01)

JUGEMテーマ:音楽

 

1stの改題版。
一応 2nd アルバムって位置づけなんでしょうか?
でもほとんどが 1st の「The Introduction」から。
特にアレンジ変えたとか、そういうのも無い。

 

なのに、格段にセンスが上がってる。

 

曲の並べ方と、ほんの少しの曲の増減で、これだけ印象が変わるのね。

 


profile
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
The Song Lives On
The Song Lives On (JUGEMレビュー »)
Joe Sample & Lalah Hathaway
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
search this site.
others
sponsored links